VergePAYの使い方と決済方法

  • By mun
  • 2018-02-13(火)




kv

VergePAYを使った、暗号通貨決済の流れについて解説します。
VergePAYはここ

はじめに

だいぶ前に、この記事で決済導入の方法を模索してましたが、
その後、VergePAYをリリースしたのでそれを使った決済の方法を新しく書いていきます。

準備

まず、XVGのウォレットを準備します。
- Electrum-XVG
- QT-Wallet
- Android Wallet
- ペーパーウォレット

などからXVGのウォレットを作ります。普通に使うならElectrumで良いと思います。
Electrumはこの記事で、使い方を紹介してます。
そして、ウォレットのアドレスをメモなどに控えておいてください。

VergePAYを使った決済

VergePAYにアクセス。
VergePAYの画像
1. ①の入力フォームに準備で控えておいたアドレスを入力、Enterをクリック。
2. そうすると、画面のアカウントの部分に入力したアドレス、現在の保有XVG量、保有XVGを日本円に換算した額が表示されます。
入出履歴には、現在のアドレスのこれまでの入金、送金履歴が表示されます。
3. ②に、請求したい日本円を入力して、Enterをクリック。
4. QRコードが表示されますので、それを客にAndroidウォレットで読み込んで送金をしてもらいます。
5. 数分の間に、入出履歴に新しくその入金分の項目が表示されますの、それを確認できたら決済完了です。

決済で受け取ったXVGを日本円にしたい場合は、
BinanceなどでBTCに変換してから国内の取引所で日本円にします。

おわり

使い方がわからなければ、Twitterで聞いてもらえれば答えます。

おすすめの仮想通貨取引所

Binance

海外取引所デビューに良いと思います。 新し目の取引所ですが、安定していて使いやすい。 トレードの画面も見やすい。 僕の推し仮想通貨のVerge(XVG)もここで取り扱ってます。 ビットコインのハードフォークによって生まれるコインも付与してくれる場合が多いみたい。