Vergeの店舗決済の導入方法

  • By mun
  • 2018-01-07(日)

暗号通貨決済を導入する店舗が増えています。バージ払いを店舗で受け付ける場合の方法について模索してみました。
協力してくれたのはこの人。



ありがとうございます。

はじめに

@ripple_chan のおかげで色々な実際に使ってらっしゃる方の声を聞くことができました。
ありがとうございます。
日本円から暗号通貨への換算は会計時にその都度換算するというのが多く、その手間を解決することが大切かなと感じました。
しかし、バージにはそういったツールはないので、すぐ導入したい場合の方法について検討していきたいと思います。

Electrum-XVGを使った決済方法

Electrum-XVGを使って支払いを受け付けるのが手軽です。
Electrumの画面、受信
1. 決済額を日本円から計算する。
2. Requested amount に決済額を入力
3. Expires in に有効期限を設定します。決済用なので、1 hourで良いと思います。
4. Save をクリックで、下のMy Requestに表示されます。
5. この画面に表示されているQRを、客のスマホのウォレットで読み込んでもらう事で
送金先と送金額が自動で入力された状態になります。
6. 客側はQRを読み込み、額を確認して、送金してください。
7. Electrumに着金が確認されると、3で表示されたものが、Paidとなっているので
これで決済完了です。

*Electrumのバグなのか、Requested amountにいれた額が、スマホ側ではなぜか100分の1の数になってしまいます。
手間ですが、客側で修正していただく他ありません。

Electrumから送金する場合秘密鍵の表示など、パスワードが必要なのでセキュリティ的にも安心ではないでしょうか。
しかしバグがあまりにも最悪すぎるので、どうしましょう。

ペーパーウォレット

セキュリティ最強のペーパーウォレットを決済の受信に使う場合。
まず、この記事を参考にペーパーウォレットを作ってください。

  1. 店舗には受信用アドレスの書かれた紙のみを設置。
  2. 決済額を日本円から計算する。
  3. スマホでペーパーウォレットのQRを読み込んでもらう。
  4. 客に、XVGの額を伝えて入力してもらい、送金してもらう。
  5. ブロックエクスプローラを使い、アドレスに着金したか確認する。
  6. 確認できたらそれで決済完了とする。

店に秘密鍵が置かれないので、セキュリティ最強。秘密鍵が万が一ばれても暗号化しているので、やっぱり最強。
問題は返金対応をどうするか、でしょうか。

バージの円換算ツール開発予定!

バージ決済の普及のため、アドレスと日本円を入力しQRコードの生成をするようなツールの開発を進めます。
Soooonで!!
QRの生成までは時間がかかるかもですが、とりあえず日本円を入力してXVGに変換するようなツールはできるだけすぐリリースできるようにします。
現在、Electrumで金額を入力して受信用のQRコードを生成してスマホで読み込んだら、
100分の1の金額に変換されるバグに頭を悩ませていますが、必ず完成させます。

おわり

まだまだ発展途中ですが、相談に乗ってもらえれば色々サポートできると思いますので
バージ決済よろしくお願いします。

おすすめの仮想通貨取引所

Binance

海外取引所デビューに良いと思います。 新し目の取引所ですが、安定していて使いやすい。 トレードの画面も見やすい。 僕の推し仮想通貨のVerge(XVG)もここで取り扱ってます。 ビットコインのハードフォークによって生まれるコインも付与してくれる場合が多いみたい。