Verge(バージ,XVG)のウォレットについてざっくり解説

  • By mun
  • 2018-01-04(木)

Verge(バージ、XVG)のウォレットについての質問がよく見られるので、それぞれ用途別に使い方をざっくり解説します。

目次

Verge(バージ,XVG)とは

匿名通貨で、最近レイスプロトコルが実装されて匿名と公開を切り替えられるようになったので最強。
フランス語でチンコはご愛嬌。
バージリスク君をよろしくな。バージリスク君の公式サイト。
VergeはBinanceで買えるので、こっちもよろしくな。
説明は面倒なので、有志の方が充実させてくれたWikipedia見といて。

ウォレットの種類

PC用のウォレットが、公式にたくさん貼ってあってどれがどれかわからないと思います。
たくさんリンクがありますが種類として、以下の2種類です。各OS用にリンクが別れているだけので多く見えるだけです。

  • Electrum Wallet(エレクトラムウォレット)
  • QT-Wallet

どっちを使うべきか?

どのウォレットを使うべきか、よくわかっていない人が多いと思います。
テレグラムでもよくわからず、QT-Walletを使ってみたけど同期が終わらないといった声をよく聞きます。
この2つのウォレットの特徴をざっくり説明して、それぞれどういう人向けかを書いていきます。

Electrum Wallet(エレクトラムウォレット)

electrum wallet(エレクトラム ウォレット)
まず、Electrumの特徴ですが。
Electrumは外部のサーバに接続してそのサーバのブロックチェーンを参照して、残高や送金、受け取りなどをしています。
なので、自分でブロックチェーンを持たなくて済むので扱いやすく軽量、すぐに使えます。
その代わり、レイスプロトコルなどのバージの機能が使えません。

  • メリット
    • ダウンロードしてきてすぐに使える
    • XVGを手軽にローカルに保管できる
  • デメリット
    • レイスプロトコルが使用できない
    • 接続先が混雑していると送金、受け取り、残高確認などが正常に行えない時がある

以上のことから、Electrumは単純にXVGを保管して管理するためのウォレットです。
軽量で扱いやすいので、保管したいだけの人や、暗号通貨の技術についてあまり詳しくない方はこちらの使用をすすめます。
僕も普段使いはこちらのウォレットを使っています。

Electrumの使い方、インストールはこっちの記事をどうぞ。

QT-Walletについて

electrum wallet(エレクトラム ウォレット)
次にQT-Walletの説明です。
こちらは、バージの機能が全て使えます。
レイスプロトコルによる匿名、公開の切り替え、チャットとか、ラジオ?とかありますね(笑)なんだこれ。
こちらは、Electrumと違い自分のPCにブロックチェーンを落として、それを参照しています。
なので容量をだいぶ使います、また動作も重いです。

  • メリット
    • レイスプロトコルをはじめ、バージの全機能が使える
    • ブロックチェーンを自分のPCにもつのでセキュリティとか安心な気がする。(気がする)
  • デメリット
    • 重い。本当に重い。
    • ダウンロードして、すぐに使えない。ちょっと自分で手を加えなければ相当時間がかかる。

QT-Walletはバージの機能を全て使えて機能性は抜群な、最強ウォレットであることがわかりますね。
その代わり、扱いにくいです。
なので、暗号通貨やPCに詳しい方はこちらのウォレットを使うといいと思います。
初心者の方には残念ながらおすすめできません。

QT-Walletの使い方はこっちの記事

まとめ

よっぽどの目的がない限り、Electrum Walletを使っておけばOKです。
使っている人も多く、トラブルが起きてもテレグラムで聞けばだいたい解決します。
ぼくもほとんどテレグラムに常駐しているので、トラブルがあれば相談してもらえれば力を貸します。

さいごに

もし役にたったら、チップください!
BTC : 1Hw61VL6hFBCGcDNGvGt6BfaL2qawA391F
XVG : DQtZ4bz7fmGJdp1JhKprNJiYfCb1kJRyJs

おすすめの仮想通貨取引所

Binance

海外取引所デビューに良いと思います。 新し目の取引所ですが、安定していて使いやすい。 トレードの画面も見やすい。 僕の推し仮想通貨のVerge(XVG)もここで取り扱ってます。 ビットコインのハードフォークによって生まれるコインも付与してくれる場合が多いみたい。